ネットでイタリア語を習得する人のための勉強サイト:文法解説と例文用法、ネイティブイタリア語の音声付き

2005年04月13日

Chi va piano, va sano e va lontano - ゆっくり歩む者が、着実に遠くまで行く

<言い回し>
Chi va piano, va sano e va lontano. - ゆっくり歩む者が、着実に遠くまで行く
<単語の意味>
va = andare(行く)の3人称単数現在
piano = ゆっくりと
sano = 健康な、堅実な
lontano = 遠くの
<使い方>
これはイタリア人の友達から亀(tartaruga)の陶器(ceramica)の置物(soprammobile)をもらったときに教えてもらった諺です。
兎と亀の物語を思い出しますね。使い方はそのまんま。
<例文>
L'italiano e' difficile e non devi essere impaziente.
Chi va piano, va sano e va lontano.
イタリア語は難しいから、イライラしてはいけないよ。
ゆっくり行く者が、堅実に遠くまで行くんだから。
posted by Tsuyoshi at 19:00| No.1 - 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

rigovernare - 皿を洗って片付ける

<言い回し>
rigovernare = 食器などを洗って片付ける
<単語の意味>
rigovernare = 食器などを洗って片付ける
<使い方>
これは普通の動詞です。知識不足が故、先日初めて知りました。よく皆で集まるイタリア人の友達が決まってこの言葉を使うからです。
え?リゴベルナーレ?なにそれ?あー、食器洗うのね、って感じです。
使い方は・・・説明のまでもなく普通に使ってください。
<例文>
"Chi deve rigovernare?"
だれが洗うべきなのかな?
Potremmo cucinare e rigovernare insieme.
料理も後片付けも一緒にできるね。
"Tua madre dov'e' ?" "Nella cucina della villa che rigoverna."
「君のお母さんはどこ?」「別荘のキッチンで食事の後片付けをしているよ。」
posted by Tsuyoshi at 17:19| No.1 - 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月11日

fumata nera - 未決定

<言い回し>
fumata nera - 未決定
<単語の意味>
fumata = 煙、のろし
nero = 黒、黒い
<使い方>
これは一応時事ネタです。新しいローマ教皇を決める選挙(コンクラーベ conclave)が行われるとき、新教皇が決定した時は白い煙が、決定しなかった場合は黒い煙が、システィナ礼拝堂の煙突から上ります。
このコンクラーベでは投票した枢機卿の2/3以上の賛成票が必要で、決まるまで外部からの干渉を防ぐために一室に閉じこもりっぱなし。
で、このfumata nera は、このconclaveでの黒煙のことで、ようするに未決定ということです。
会社での経営方針会議でも、財産分与の親族会議でも、はたまた、友達との飲み屋選びでも使えます。←ホントか?
<例文>
E' ancora fumata nera.
まだ決まっていない。
posted by Tsuyoshi at 23:57| No.1 - 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

Faccia di Budda, cuore di scorpione - 仏の顔にサソリの心

<言い回し>
Faccia di Budda, cuore di scorpione - 仏の顔にサソリの心
<単語の意味>
faccia = 顔
cuore = 心
scorpione = さそり
<使い方>
使い方は文字通り、仏のようにニコニコしているけど、心は醜い、もしくは狡い人に使います。
・・・って普段使うにはちょっと皮肉(ironia イロニーア)が強すぎると思います。友達間で、笑いながら冗談として使いましょう。
<例文>
Lui sembra gentile, no? Ma in realta' "Faccia di Budda e cuore di scorpione..."
彼は親切に見えるでしょ?でも実際は『仏の顔とサソリの心』なんだよ。
Lei non mi piace molto, perche' e' una persona di "Faccia di Budda , cuore di scorpione".
彼女のことあまり好きじゃないんだ。なぜって彼女は『仏の顔にサソリの心』を持った人なんだ。
posted by Tsuyoshi at 17:03| No.1 - 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

avere la pelle d'oca - 鳥肌が立つ

<言い回し>
avere la pelle d'oca - 鳥肌が立つ
<単語の意味>
la pelle = 肌
l'oca = ガチョウ
日本の鳥肌がイタリアではガチョウの肌となります。
<使い方>
使い方はいたって簡単。
Avere もしくは mi viene を使います。
使う状況も日本と全く一緒で、ゾッとしたとき、身震いしたときで、怖くて、感動して、寒くって、霊感を感じて、などなど自由に使いましょう。
<例文>
Quando sento questa canzone , ho la pelle d'oca.
この歌を聞くと鳥肌が立つ。
Per la paura mi e' venuta la pelle d'oca.
怖くって鳥肌が立ったよ。
storia che fa venire la pelle d'oca
身の毛がよだつような話
musica da pelle d'oca
身震いするような音楽
posted by Tsuyoshi at 00:39| No.1 - 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright© 2006 ネットでイタリア語 All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。